経費削減例 仕入れ原価の管理

仕入れ原価の管理は、分かりやすく表にまとめ、
採算が取れているか、すぐ業務の判断ができるようにしておけば、
経営戦略を決める材料や、経費削減箇所の把握に役立ちます。

月々の仕入れ原価と売上原価、その他仕入れから物販までの費用などを差し引き、
正確な利益を常に確認できる状態にする必要があります。

そうすると経費削減箇所が浮き彫りになってきます。

経費削減箇所が目に見えることによって、ピンポイントで経費削減に取り組むことができます。

また、部門ごとの経費削減の成果を貼り出すことも、
社員のやる気を引き立て、さらに経費削減に意欲が湧くでしょう。

また仕入れ業者に直接、経費削減の要求をする方法もあります。

仕入れ量を増やし、支払条件の変更を条件に仕入れ原価のコストダウンを交渉することができます。

また、仕入れ業者に自らメーカーの経費削減の提案をすることも、
価格交渉に役立つでしょう。