多大な負債を抱える日本。国内の経済情勢が厳しいなかで、世界同時不況の影響を受け、
先の見えない苦しい状況がつづいています。

2008年のリーマンショック以降、
大企業の世界シェアでの経営状況もかなり苦しい状況ではないかと思います。

さらに、来年または再来年にはリーマンショック以上の世界規模の経済危機が
訪れるのではないかと懸念されています。

この厳しい状況のなかで、一体どんな企業が生き残るのか?

いままでの経営状態で、はたして生き残れるのか?

地方を拠点にしている某企業は経済不況のあおりをうけ、深刻な経営危機に陥りました。

そこで経営者は、経営危機の打破のために経費削減のプロジェクトを立ち上げ、
ありとあらゆる経費削減に取り組み、売上は上がらずとも、少しずつ利益を上げ、
何とか会社を立て直しました。

経費削減プロジェクトのなか、その間の売上は目に見えるほど上がってはいません。

経費削減のみで経営を持ち直したのです。

ここまでの話で経費削減の重要性について、もう理解できたのではないでしょうか。

経費削減は小規模な取り組みながらも、多大な成果をもたせてくれる、
とても重要な取り組みということをご理解いただけたかと思います。

ご理解頂けた方は是非一度、経費削減について検討していただけたらと思います。